Asano-Orthopaedic Clinic

腰痛でお困りの方へ。                                 

 

このページへ来られた方の多くは、つらい腰痛に悩まされ、わらをもすがる気持ちと思います。

既に治療、または、手術を受けたが、なかなか改善されず、今も痛みと戦っている状態かもしれません。

 

私ども、浅野整形外科医院は、瀬戸の小さな町の医院ですが、腰痛では定評のある医院です。多くの腰痛の患者さんと向き合ってきました。

 

腰椎間板ヘルニアにもいろいろな種類、重度があり、それぞれの特性に見合った治療が必要となります。(保存療法:@神経ブロックA薬物療法B理学療法、手術療法:@後方椎間板切除術A椎間固定術B経皮的椎間板療法)

これを従来療法と言います。

 

この度、『ヘルニア減圧法』と言う新しい独自治療法が可能となりました。

従来療法とは全く違い、皮膚に切開をしない、新しい治療です。

従って、身体への負担の少ないものです。また、重大な副作用が無いのも大きな特徴です。

入院の必要が無く、基本的に5日ほどの療養で、治療当日と5日目の通院で済みます。

当医院の長年の経験と新しい医療機器の進歩により施術可能となりました。

 

 

【ヘルニア減圧法】

腰椎間板ヘルニアに対し、針を刺入、生理的食塩水及び薬剤を注入することにより、神経を圧迫している椎間板ヘルニアを破砕し、減圧する方法となります。

その後、脱出した椎間板を身体が異物と認識し、免疫作用により、(食)細胞により食べられ消滅する。つまり、人間の本来持っている自然治癒能力を利用し、ヘルニア自体を縮小させる方法です。

従って、従来使われてきた蛋白分解酵素などの注入による神経への影響は一切認められない、極めて安全性の高い治療です。

改善率はおよそ、7080%となります。

 

【治療スケジュール】

事前

受付、問診、採血、ご家族との説明、承諾書捺印

1日目

(治療日)

午前  問診診察後、治療(点滴、内服薬投与)
午後  検温・症状観察

夕方、帰宅

2日目

自宅療養、経過観察(トイレ、食事、洗面以外安静)

3日目

自宅療養、経過観察(トイレ、食事、洗面以外は安静。シャワー可能)

4日目

自宅療養、経過観察(トイレ、食事、洗面以外は安静。入浴可能)

5日目

来院後、受診、経過観察

その後、医師からの説明後、帰宅

以降

通常生活

 *高血圧、糖尿病で内服されている方、造影剤でアレルギーの有る方は必ずお知らせ下さい。女性の方は化粧はせずに来院ください。衛生上患部の剃毛を行います。

【費用】

・公的保険は利きません。

・費用は状態によりますが、軽度で10万円〜、中度で15万円ほど(税別)

 診察料(減圧法前・後)、血液検査、治療技術料(医師治療技術料・看護師治療技術料・放射線技師治療技術料)、減圧治療セット代、点滴、薬剤、各種消耗品代、治療当日昼食代を含みます。

 

【注意事項】

・万人向け治療ではありません。適応可能か検査を行い判断します。

・服薬中の方、他治療中の方、持病、アレルギーの方は事前に必ずお知らせください。

・事前に採血とご家族同伴にて治療説明を行います。

 承諾書を頂きますので印鑑をお持ちください。承諾書は当日までにご提出ください。

・減圧法施工後、帰宅する際は安静の為、お車の運転は控えてください。

・治療後の自宅安静時に頭痛、嘔気等、変わったことがありましたら、電話にてご連絡ください。

 

腰痛でお困りの方、お気軽にご相談ください。

腰痛を諦めないでください。

 

浅野整形外科医院  

医院長  浅野 経生 asano tuneo

 

489-0874 愛知県瀬戸市幡野町2

TEL 0561-84-3000

e-mail asanoseikeigeka*isis.ocn.ne.jp
*上記メールアドレスは迷惑メール対策されています。送信時は、* を @ に変更して送信ください。

HP   http://asanoseikeigeka.com/